ヒアルロン酸を越えるコラーゲンの潤い効果

40代になり、いろいろと体に変化が出ていましたが、とりわけ顔は隠すことが出来ませんので、男でも美容に苦心しながら、騙し騙し人前に出ています。

私は、10代の後半から20代に掛けて、顔や背中に夥しい数のニキビと吹き出物ができる経験をしていて、30代に入った頃から肌が乾燥するとその痕が醜くなるため、肌の「保湿」が美容上のテーマとなっています。

長らく乳液が保湿のために欠かせないアイテムとなりましたが、乳液はどんなに淡白な素材であっても必ず、皮膚に乳液の成分がうっすらと残ってしまい、保湿効果は得られてもよくない反作用に悩まされることとなりました。

そこで、それまでは副次的に考えていた、サプリ摂取による肌の保湿をメインにしたらどうかと思うようになり、散々試した末に辿り着いたのが、ヒアルロン酸でした。これは効きました。サプリは直接肌につける乳液と違い、効果が遅いと思いましたがヒアルロン酸はそんなことがなく、外出の直前に飲み込めばすぐ、肌は潤いを得てプルンプルンの状態になり、しかも冬場は水仕事によるあかぎれを防ぐほどの効果も併せつ持つ、非常に優れた美容成分であることが分かったのです。

ビューティーオープナーの口コミを見て、しばらく使っていた間は良かったのですが…。

ただ、難点は効き目の持続時間が短いことで、3時間もすると乾燥肌に戻ってしまうのですが、外出時間の長いときは、一日の目安を超えて摂取することで何とか、醜い肌に戻らずに済ませていました。

そうした一短はあっても、これは自分の肌に合うんだと思え、もうこれからはヒアルロン酸があれば大丈夫だと思っていた矢先、使っていた製品が手に入らなくなりました。他に似た製品を探したのですが見つからず、飲んでも以前の製品ほど効きませんでした。

そんな時、店の人に相談して代用を始めたのが、コラーゲンです。

使ってみると、ヒアルロン酸のような肌の火照り感がまるでなく、それでいて潤いが持続します。効き目として、ヒアルロン酸を越えていると実感しています。メーカーが製造を中止したのは、怪我の功名でした。今ではすっかり、コラーゲンファンになりました。

タイトルとURLをコピーしました